高浜原発再稼働差し止め決定(要旨)その3

【理由の要旨3】

「冷却機能の維持についての小括」

日本列島は4つのプレートの境目に位置しており、全世界の地震の1割がわが国の国土で発生し、日本国内に地震の空白地域は存在しない。

債務者は 基準地震動を超える地震が到来してしまった他の原発敷地についての地域的特性や高浜原発との地域差を強調しているが、これらはそれ自体確たるものではないし、わが国全体が置かれている上記のような厳然たる事実の前では大きな意味を持つこともないと考えられる。

各地の原発敷地外に幾たびか到来した激しい地震や各地の原発敷地に5回にわたり到来した基準地震動を超える地震が高浜原発には到来しないというのは根拠に乏しい楽観的見通しにしかすぎない上、基準地震動に満たない地震によっても冷却機能喪失による重大な事故が生じ得るというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険である。

-----