年金情報(事例1)

ある県職員退職者(県職員として40年間働いた)で、今年65歳になったという人から話を聞きました。

退職共済年金    165万円
国民年金(基礎年金) 76万円
合計        241万円

この金額は、どんなレベルなのか?

年金額は、月16万円弱で生活保護ラインだという。
年間では16万円×12=192万円
生活扶助費は、毎年減らされていて、「一般低所得世帯」(年収の低い方から10%の世帯)の消費実態と比較・均衡させるためとしています。その結果、憲法で保障されている健康で文化的な生活になるかどうかは???となっています。

介護保険料が、65歳からグーンと上がって、年間8万円弱徴収されることになったと。
国民健康保険料は、年間9万円弱徴収されていると。

国民年金(基礎年金)は、「マクロ経済スライド」という年金を減らし続けるシステムによって、現在、満額月6万5千円が20年後には4万5千円に2万円も減らされることになっています。現在41歳より下の世代では、モデル夫婦世帯の場合、65歳から30年間に受け取る年金は今より1600万円も少なくなるという。

何かの参考になれば・・・

これは、知っていてほしいという情報があれば、お知らせください。