知事会、日米地位協定の改定要求へ 全会一致で初の提言

沖縄での米軍基地被害が安倍政権によって日本全国に広げられようとしている今日、全国知事会が日米地位協定の改定要求をしています。これらの改定要求内容は、日本以外の第二次世界大戦の敗戦国(ドイツ、イタリア)には認められており、独立国として当然の権利です。日本は、独立国ではなくアメリカの植民地のようです。

知事会、地位協定の改定要求へ 全会一致で初の提言

 

沖縄では、県知事選挙が9月30日投票で争われています。最大の争点は、「米軍辺野古新基地建設反対か?賛成か?」です。米軍による日本国土の自由勝手な使用を許すのか?日本の主権を放棄してまで?それが問われています。埼玉県も、他人ごとではなくなりつつあります。

翁長知事の県政を引き継ぐとしている玉城デニー候補の「政策の要旨」は以下のとおりです。どんな沖縄を目指しているのか?知る参考になると思います。

沖縄知事選 玉城デニー候補の政策発表(要旨)