「闇金から借りて払え」さいたま市の税滞納取り立て

さいたま市職員による税金・国保税滞納者への、悪質な取り立ての実態がニュースになりました。

市側は「闇金から借りて一括納付しろ」「滞納者が通院するのはおかしい」「旦那の死亡保険金で支払え」という発言など、取り立ての実態が明らかになりました。

世帯収入や貯蓄が減少し滞納者が増加したことが、自治体の税収減につながるとして取り立てが強化されているのでしょう。

取り立てで生活が破壊され、生活保護受給者が増加したら本末転倒です。実情に配慮して生活再建を図り、将来的に税金を納められるよう誘導するのが自治体の役割ではないでしょうか。

滞納は生活困窮のサインです。取り立てで、さらなる生活困窮に陥れるのではなく、人間味ある、きめ細かい対応が望まれます。