日韓 慰安婦合意検証報告書に見る

旧日本軍の慰安婦問題について、2015年に日本国政府と韓国政府が合意した内容の検証が韓国の新政府のもとで行われ、「慰安婦合意検証報告書」が昨年末に発表されています。合意された当初から、被害者の意見を集約しないままの合意は受け入れられないとの声がありました。

「韓国外務省の作業部会 慰安婦合意検証報告書(要旨)」は、以下で参照することができます。「公開」部分と「非公開」部分があるとのことです。日米密約のような手法ですね、外交はガラス張りであって欲しいものです。国民に隠していることがあることになるから。国民への裏切りにつながることになりかねない。

韓国外務省の作業部会 慰安婦合意検証報告書(要旨)

1月9日、韓国の外相が「慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意に関する今後の基本方針」を発表しました。その要旨は、以下で参照することができます。

慰安婦問題日韓合意 韓国外相発表(要旨)

その基本方針で言っているのは、問題解決の核心が、慰安婦被害者の名誉・尊厳の回復や心の傷の癒(い)やしであると言っています。まったく、その通りだと思います。歴史の事実を直視した謝罪の気持ちが無ければ、いくら金を払っても問題は解決しない。逆効果になってしまう。

・・・

今の日本政府(安倍政権)は、「個人の尊厳」を大切に扱っていない。その結果が、日韓の慰安婦合意にも出たと言えるでしょう。

この「個人の尊厳」は、日本国憲法の一番大切な基本となるものです。これから派生して、基本的人権の保障、平和などが出てくる。つまり、安倍政権による憲法改悪を許さない、日本政府に日本国憲法を守らせる、そのことが年の初めから焦点に浮かび上がっているように思います。