戦後70年 歴史認識を考える

あの「タカ派 改憲・集団的自衛権行使容認派」と言われる「中曽根元首相」でさえ以下のように言っているそうです。

【文芸春秋】「大勲位の遺言」にて

先の戦争を「誤った戦争」とし、「ある面、侵略戦争」だった。「歴史を正視し得ない民族は、他の民族からの信頼も尊敬も得ることはできない」と指摘している。

・・・・・

「歴史から学ぶ」ということが大切だというのは、「中曽根元首相」でなくても多くの先人から言われてきたことです。

・・・・・

安倍内閣が8月14日に閣議決定した「戦後70年談話」ではどうか?

「植民地支配」「痛切な反省」「お詫(わ)び」という文言がちりばめられているだけで、日本の戦争が侵略戦争だったことを明示せず、反省やお詫びも歴代内閣が表明しただけで、自身の謝罪として語っていないという批判が、内外から聞こえてきます。

私も談話を読んでいて、ひっかかったところがあります。それは、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、その先の世代の子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」というところです。

なぜ、この部分を、あえて談話に入れたのか?

今後も戦争をしてはならないし、しないという気持ちよりも、自分たちには責任はないという「首相の本音」が表れているように思えてならない。「戦争の真実を子どもたちに学ばせることが軽んじられるのではないか」と心配してしまう。

歴史教科書問題にも関連してくる。