埼玉県職員組合(埼玉県職)は、埼玉県職員の労働組合です

・・・・・・ 埼玉県職について 

埼玉県職員組合(埼玉県職)は、ホームページを新たに開設しました。県職は、「埼玉県職員の労働条件改善」と「県民のみなさんの生活改善」と結びつけて、運動を強化していきます。→埼玉県職の歴史      →県職Q&A


【新着情報】

1144号

 

 

                【執行委員長 ごあいさつ】

埼玉県職員組合 執行委員長 福原 孝明

 埼玉県職員組合へのご理解、ご協力に感謝申し上げます。 自治体職員は、日本国憲法を尊重・擁護し、住民の生活と権利を守るという大切な役割を担っています。非正規雇用の増大、社会保障の削減など県民生活が厳しくなればなおさらです。県職員を減らし続けていては、県民の期待に応えることもできません。 埼玉県職員組合(県職)は、県当局と「対等の立場」で交渉を行い、人員要求や労働条件の改善などに取り組んできました。憲法に基づきよりよい県民サービスを実現するため、県職にぜひ加入され、みんなの力で安心して働ける職場づくりを進めていきましょう。

6月 2019

SundayMondayTuesdayWednesdayThursdayFridaySaturday
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

最新投稿

  • STOP! 日米FTA 私たちの暮らしを守ろう

    興味深いパネルディスカッションのサイトがありました。 「STOP! 日米FTA 私たちの暮らしを守ろう」(2019.6.11)

  • 「統計不正」とは?

    興味深いサイトがありました。 ウィークエンドニュース(2019.3.8) 統制かさ上げ経済 おおゆれ国際政治

  • 市民連合と5野党・会派の「共通政策」

    「安倍政権による庶民いじめの政治を転換して欲しい」という国民の切実な願いを受け止める「5野党・会派」と市民連合との「共通政策」が合意されました。合意された「共通政策」は、どれを見ても国民にとって緊急性があり大歓迎の内容で …

  • 原発 再生エネの3倍高い

    原発推進・固執勢力が原発の優位性の一つとして宣伝してきたのが、「原発は発電コスト(経費)が安い」という点です。再生可能エネルギー(再エネ)が普及し始めると、日本では「再エネは発電経費が高い」と大宣伝され、「原発は安い」論 …