埼玉県職員組合(埼玉県職)は、埼玉県職員の労働組合です

・・・・・・ 埼玉県職について 

埼玉県職員組合(埼玉県職)は、ホームページを新たに開設しました。県職は、「埼玉県職員の労働条件改善」と「県民のみなさんの生活改善」と結びつけて、運動を強化していきます。→埼玉県職の歴史      →県職Q&A


【新着情報】

1144号

 

 

                【執行委員長 ごあいさつ】

埼玉県職員組合 執行委員長 福原 孝明

 埼玉県職員組合へのご理解、ご協力に感謝申し上げます。 自治体職員は、日本国憲法を尊重・擁護し、住民の生活と権利を守るという大切な役割を担っています。非正規雇用の増大、社会保障の削減など県民生活が厳しくなればなおさらです。県職員を減らし続けていては、県民の期待に応えることもできません。 埼玉県職員組合(県職)は、県当局と「対等の立場」で交渉を行い、人員要求や労働条件の改善などに取り組んできました。憲法に基づきよりよい県民サービスを実現するため、県職にぜひ加入され、みんなの力で安心して働ける職場づくりを進めていきましょう。

3月 2019

SundayMondayTuesdayWednesdayThursdayFridaySaturday
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

最新投稿

  • 医師の時間外上限 年1860時間 月100時間 医師を殺す気か

    3月13日、厚労省の「医師の働き方改革に関する検討会」で、地域医療を支える医師や研修医などの時間外労働を年1860時間、月100時間(ともに休日労働含む)とする報告書案が示されました。 厚労省は1860時間を年間上限とす …

  • 県議会 平成31年2月定例会 「予算特別委員長報告」から

    3月15日、県議会 平成31年2月定例会が終わりました。 教職員の働き方(長時間労働、長期病欠など)が、社会問題になっており、その対策が急がれています。議会でもそのことが議論されています。執行部が提案した「県立学校教職員 …

  • 業界横並びの消費税増税前値上げ発表が相次ぐ!?

    10月からの消費税率10%への増税前に、飲食料品値上げの発表が相次いでいます。業界団体ごとに主だった会員企業が横並びで値上げを発表し、値上げの実施時期がほとんど一致しています。「これは、ちょっとおかしい」と思ったのは、私 …

  • 会計年度任用職員制度について

    2020年4月から導入される地方自治体の「会計年度任用職員制度」は、自治体の非常勤職員に一時金の支払いを可能にしますが、政府の財政措置は確保されていません。2月21日の衆院総務委員会で、総務相は、「会計年度任用職員制度」 …